A+ A A-
  • カテゴリ: top20
  • 参照数: 52

No.10(被引用数:28)

Abstract

Background: With the development of information technology, game-based teaching has continuously attracted the attention of nursing educators. It has been proven that games, as an auxiliary tool of traditional teaching, can improve students' learning motivation and learning effects. However, compared with the traditional scenario simulation teaching, whether game-based teaching has obvious advantages is still unknown.
Objectives: This study aimed to explore whether theme game-based teaching is more effective than scenario simulation in improving students' disaster nursing competency.
Design: A randomized controlled trial. Setting: The study was conducted at a provincial vocational college in Xiaogan, Hubei, China. Participants: A total of 104 sophomore nursing students (intervention group = 51, control group = 53) participated.
Methods: After the participants were randomly assigned to the intervention group or control group, disaster-themed games were used in the intervention group, while multi-station disaster simulation was applied in the control group. Pre- and post-tests were conducted to assess the participants' disaster nursing competence using the Questionnaire of Disaster Rescue Ability. Results: After the intervention, disaster nursing competence levels were significantly higher in the intervention group than in the control group (4.04 ± 0.43 vs. 3.77 ± 0.45, P = 0.002). Three domains of disaster nursing competence, cognition (4.05 ± 0.56 vs. 3.75 ± 0.48, P = 0.004), skill (3.88 ± 0.50 vs. 3.62 ± 0.53, p = 0.008) and affective response (4.25 ± 0.42 vs. 4.02 ± 0.48, P = 0.010), were also significantly higher in the intervention group.
Conclusions: Compared with scenario simulation, theme game-based teaching is more effective in improving the disaster nursing competence of nursing students.

Keywords: Nurse education, Theme game, Scenario simulation, Disaster nursing, Nursing students, Randomized controlled trial

抄録

背景:情報技術の発展に伴い,ゲームを用いた教育が看護教育者の注目を集めている。ゲームは伝統的な教育の補助ツールとして,学生の学習意欲や学習効果を向上させることが証明されている。しかし,伝統的なシナリオ・シミュレーション教育と比較して,ゲームベースの教育が明らかな利点を持つかどうかはまだ不明である。
目的:本研究は,学生の災害看護コンピテンシーを向上させる上で,シナリオシミュレーションよりもテーマゲームを用いた教育が効果的であるかどうかを検討することを目的とした。
デザイン: ランダム化比較試験. 設定: 本研究は,中国湖北省小安市にある地方の専門学校で実施された。参加者: 2年生の看護学生104名(介入群=51名,対照群=53名)が参加した。
方法:参加者を介入群と対照群に無作為に割り付けた後,介入群には災害をテーマとしたゲームを用い,対照群にはマルチステーション災害シミュレーションを適用した。参加者の災害看護能力を評価するため,事前事後テストを災害救助能力調査票を用いて実施した。
結果:介入後,災害看護能力は介入群の方が対照群より有意に高かった(4.04±0.43 vs. 3.77±0.45, P = 0.002)。災害看護能力の3つの領域,認知(4.05±0.56対3.75±0.48,P = 0.004),技術(3.88±0.50対3.62±0.53,P = 0.008),情動反応(4.25±0.42対4.02±0.48,P = 0.010)も介入群で有意に高かった。
結論:シナリオシミュレーションと比較して,テーマゲームを用いた教育は看護学生の災害看護能力を向上させる上でより効果的である。

コメント

 この研究は,ゲームを用いた教育と従来のシュミレーション教育の効果をRCTによって比較している。ICN Framework of Disaster Nursing Competenciesとフロー理論(Csikszentmihalyi, 1990)に基づき,「Brave the Wind and Wave」というテーマゲームが開発された。このゲームは,1.備えあれば憂いなし,2.地震が起きたら,3.時間との戦い,4.心の慰め,5.隠れた危険を取り除くで構成された。対照群には,中国で最も一般的な災害シミュレーション方式が用いられた。対照群の学生は災害看護の知識と技術を復習した後,1.トリアージ,2.出血性ショック,3.外傷と包帯,4.骨折の固定,5.搬送を学んだ。各シミュレーションの構成は,事前検討,症例提示,シミュレーション,グループ討論であった。
災害救助能力に関する質問票は,看護学生の災害看護能力を評価するために中国で開発された(Wang and Jin, 2018)。質問票には,認知(10項目),技能(14項目),情動反応(9項目)の3つの次元の33項目が含まれており,介入前後で測定され比較された。
 51人が介入群,53人が対照群に振り分けられた。その結果,介入群,対照群ともに災害看護能力調査票の平均点は有意に上昇したが,災害看護能力の総合得点と3つの次元(認知,技能,情動反応)の得点は,テーマゲームを用いた教育群がシナリオシミュレーションを用いた教育群よりも有意に高かった(P < 0.05)。著者らは,その理由を,生徒により自律性が与えられ,ゲームキャラクターとの持続的な感情的つながりを通じて,学生は様々な困難や役割の変化に柔軟に対応する能力を身につけるからだと推察している。
ゲームは人々を魅了する。日本においても和歌山県の「きいちゃんの災害避難ゲーム」など災害に備えるゲームが開発されており地域での災害の備え教育に活用されているが,現在は紙ベースが主流である。中西ら(2023)が提案するようにプレイヤーがVR用のヘッドマウントディスプレー(HMD)を装着し、自分が住んでいる地域の地形が表示される仮想世界を作成することで、あたかも現実に災害が発生したかのように体験できるソーシャルゲームは,人々の備えに大きく貢献することが期待される。

Csikszentmihalyi, M., 1990. Flow: The Psychology of Optimal Experience, Vol. 1990. Harper & Row, New York.

きいちゃんの災害避難ゲーム
https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/011400/kiichangame.html

Nakanishi E, Ono H, Sakashita R (2023) Why do we not develop a social game about evacuation simulation for disaster preparedness? Health Emergency and Disaster Nursing, 10, 46-48.