A+ A A-
  • カテゴリ: top20
  • 参照数: 44

No. 9(被引用数:34)

Abstract

Abstract The Sendai Framework for Disaster Risk Reduction 2015–2030 placed human health at the centre of disaster risk reduction, calling for the global community to enhance local and national health emergency and disaster risk management (Health EDRM). The Health EDRM Framework, published in 2019, describes the functions required for comprehensive disaster risk management across prevention, preparedness, readiness, response, and recovery to improve the resilience and health security of communities, countries, and health systems. Evidence-based Health EDRM workforce development is vital. However, there are still significant gaps in the evidence identifying common competencies for training and education programmes, and the clarification of strategies for workforce retention, motivation, deployment, and coordination. Initiated in June 2020, this project includes literature reviews, case studies, and an expert consensus (modified Delphi) study. Literature reviews in English, Japanese, and Chinese aim to identify research gaps and explore core competencies for Health EDRM workforce training. Thirteen Health EDRM related case studies from six WHO regions will illustrate best practices (and pitfalls) and inform the consensus study. Consensus will be sought from global experts in emergency and disaster medicine, nursing, public health and related disciplines. Recommendations for developing effective health workforce strategies for low- and middle-income countries and high-income countries will then be disseminated.

Keywords: health emergency and disaster risk management (Health EDRM); Health EDRM workforce development; disaster; health emergency

抄録

仙台防災枠組 2015 ~ 2030 では人間の健康が防災の中心に据えられ,国際社会に対して地方および国家の健康上の緊急事態および災害リスク管理 (健康 EDRM) を強化することが求められている。2019 年に発行された保健 EDRM フレームワークでは,地域社会,国,保健システムの回復力と健康安全保障を向上させるために,予防,備え,即応性,対応,復旧にわたる包括的な災害リスク管理に必要な機能について説明している。科学的根拠に基づいた医療 EDRM 人材の育成は不可欠である。しかし,トレーニングと教育プログラムの共通の能力を特定する証拠や,従事者の定着,モチベーション,配置,調整のための戦略の明確化には,依然として大きなギャップがある。2020 年 6 月に開始されたこのプロジェクトには,文献レビュー,事例研究,専門家のコンセンサス (修正 Delphi) 研究が含まれている。英語,日本語,中国語での文献レビューは,研究のギャップを特定し,医療 EDRM 従事者トレーニングの中核となる能力を探ることを目的としている。WHO の 6 つの地域からの 13 件の保健 EDRM 関連のケーススタディは,ベスト プラクティス (および落とし穴) を示し,コンセンサス研究に情報を提供する。緊急災害医療,看護,公衆衛生,および関連分野の世界の専門家から合意が求められている。今後,低・中所得国および高所得国向けの効果的な医療人材育成戦略を開発するための推奨事項が普及する予定である。

キーワード:健康緊急事態および災害リスク管理 (健康 EDRM) ; 医療 EDRM 人材育成; 災害; 健康上の緊急事態

コメント

 この論文は,緊急事態と災害リスク管理における医療従事者の育成について,専門家らによるWHOプロジェクトからの見解を示したものである。プロジェクトチームは,香港,中国,日本,米国,イタリア,フィリピン,ネパール,インドの機関の専門家で構成され,英語,中国語,日本語による文献レビュー, 6つの地域の低・中所得国(LMIC)と高所得国(HIC)からの13のケーススタディ,専門家のコンセンサス調査から成っている。その結果,下記のことが提案されている。多様な研究を統合した結果で,やや抽象的であるので,詳細は原文にあたり各種論文等を参照してもらいたい。
 ローカル/コミュニティレベル:コミュニティのメンバーは,コミュニティベースの「ボトムアップ」または「草の根」イニシアチブの中心となるべきである。コミュニティの災害レジリエンスを強化するには,優先事項を特定し,地域のニーズに応じて地元の労働力を訓練できる立場のコミュニティリーダーを含む,すべての関係者間の協調的な取り組みが重要だと著者らは述べている。学際的なパートナーシップは,すべてのプロジェクト関係者の専門知識を組み合わせることでより大きな影響を生み出すことができるため,「ボトムアップ」イニシアチブを成功させるため重要であり,既存の地域保健従事者(CHW)を最大限に活用することは「人とコミュニティ中心のアプローチ」を実現するには不可欠であると述べられている。
国家レベル:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは,災害による急性および慢性的な健康ニーズへの対応が,医療システムが確立されている国であっても,インフラやサービスの大混乱につながることを浮き彫りにした。したがって,国が緊急時に医療従事者の質と可用性を確立または拡大するためには,各国政府が保健および多分野にわたる防災計画と医療従事者戦略を策定または改訂することが必要であると著者らは述べている。
地域/グローバルレベル:国際機関は,特定の専門家を対象としたトレーニングプログラムを提供したり,専門家の役割と責任を定義するためのフレームワークを作成している。それには次のようなものがあるので参照してほしい。
・WHO地域事務所によるトレーニング:PHEMAP(アジア太平洋における公衆衛生および緊急事態管理),PHEMEURO(欧州における公衆衛生および緊急事態管理)などのさまざまなプログラムを通じて,地域の保健EDRM労働力トレーニングを実施してきた。
・WHOの救急医療チーム(EMT)イニシアチブは,2015年以降,救急救命士のグローバル登録を実施し,政府が資格のあるチームのみを被災地に派遣するように支援している。
・ICN / WHOフレームワーク:国際看護師協議会(ICN)とWHOは,世界的な健康上の緊急事態における看護労働力の能力を強化するために,災害看護能力の枠組みを開発しました。ICN / WHOフレームワークは,世界の災害看護師のコンピテンシーを示し,地域,国および国際レベルでの災害における看護師の役割の明確にしている。 ・OpenWHO:OpenWHOは,2020年にWHOによって開発され,Webベースのインタラクティブな知識移転プラットフォームであり,タイムリーなエビデンスに基づいた科学的情報と学習を提供している。 ・COVID-19ナレッジハブ:Global Outbreak Alert and Response Network(GOARN)は2020年に「COVID-19ナレッジハブ」と呼ばれるグローバルなリスクコミュニケーションおよび情報管理プラットフォームを開発し,COVID-19に関する最新情報を提供し,トレーニング活動や感染予防および管理対策など,より効果的な災害リスク管理を可能にした。